0086-731-88112150  sales@sandegroup.com

ホーム>元素分析装置>SDCXS100 熱量ハロゲン分析装置

SDCXS100 熱量ハロゲン分析装置

応用:
SDCXS100 は、固体および有害廃棄物、石炭、コークス、石油、セメント黒粉、バイオマス燃料などの固体および液体の可燃性物質中の発熱量、フッ素、塩素、臭素、硫黄を測定するために使用できます。オールインワン爆弾 カロリーメーター、ハロゲン 耐性酸素爆弾、自動 酸素充填 および 排出、自動酸素爆弾 洗浄、自動 溶液 収集 – 定容 – 希釈 – 保管 – 分析、フッ素、塩素、臭素、硫黄の含有量を測定するイオンクロマトグラフィー法
サンディ サンディ

製品記述

カロリーメーター/タッチスクリーン

熱量計寸法:542mm*400mm*490mm

熱量計重量:54kg

ハロゲンモジュール/コンピュータ

ハロゲンモジュール寸法:492mm×430mm×780mm

ハロゲンモジュール重量:50kg

 

ハイライト

1.完全に 発熱量の自動ドッキング および ハロゲン分析により、検査効率が大幅に向上します。

① 酸素自動充填・排出、自動圧力検知、自動水量判定、自動水温調整、自動酸素ボンベ洗浄。

②溶質蒸気の自動吸収、吸収液の自動回収、自動定量、自動保管、自動希釈、ハロゲン、硫黄分の自動イオンクロマトグラフィー分析。

 

2.安定した正確な結果による迅速な分析。

①バケット内の水温は自動的に調整され、各サンプルの試験条件が非常に近いため、試験結果の一貫性が向上し、機器の長期安定性と精度が保証されます。

②イオンクロマトグラフィー法は、溶液中の異なるイオン間の相互干渉の問題がなくなり、検出限界が低く、精度が高く、再現性が良好です。

③発熱量分析時間<7.5分、ハロゲン・硫黄分析時間<35分。オートサンプラーは吸収液を順番に自動でキャッシュするため、発熱量検査効率はハロゲン検査効率の影響を受けません。

 

3.オールインワン設計の爆弾熱量計は、大型タッチスクリーンモニターと統合されており、高い環境適応性を備えています。

①最適化された発熱量分析システム、タッチスクリーンモニターを備えたオールインワン設計、外部冷却水タンク不要、簡単操作。

②冷却と加熱のためのデュアルサーモエレクトリッククーラーにより、ジャケットの温度制御がより正確になり、環境適応性が向上します。

 

4.安定した安全な運転、オープンなデータベースを LIMS に接続できます。

①ボンベ熱量計は自己診断機能を備えており、システム構造が明確であるため、日常のメンテナンスに便利です。酸素ボンベを簡単に開閉できる独自のツールを装備しています。

②ハロゲンおよび硫黄分析モジュールには、30 のサンプルポジションを備えたオートローダーが装備されており、収集された溶液は自動的にバックアップ/キャッシュされ、逐次および非逐次分析をサポートし、イオンクロマトグラフィーセンサーを自動的に校正して手動操作を削減できます。

③LIMSに接続して実験データを自動収集するオープンデータベース。

 

5.G適応力の良さ 固体および有害廃棄物のサンプル分析用。

①耐ハロゲン酸素ボンベは、高ハロゲンサンプルの高い腐食性の問題を解決します。

②揮発性が高く、発熱量が高く、金属塩含有量が高いサンプルの分析のためのソリューションを提供し、酸素ボンベ、るつぼ、その他の付属品が損傷しやすいという問題を解決します。

③揮発性サンプルや低発熱量サンプルの試験の不便さを解決する、安定した発熱量を備えたカスタマイズされた燃焼バッグ。

 

動作原理図

 

仕様:

発熱量分析
サンプル質量: 0.05〜1g
分析時間: <7.5分
温度分解能: 0.0001℃
RSD: ≤ 0.10%
熱容量の安定性: 0.20ヶ月以内に≤3%
ハロゲン硫黄分析
試験方法: イオンクロマトグラフィー
分析時間: <35分(洗浄~定量~希釈~保管~分析)
検出限界: F 4mg/kg、Cl 26mg/kg、Br 25mg/kg、S 7mg/kg
オートローダー: 30サンプル
最大 力: 0.75kW
電源: 220V±10%、50/60Hz
スタンダード HG/T 6116-2022、EN 14582:2016、GB/T 30727-2014、GB/T 213-2008、GB/T 384-1981、SN/T 4762-2017、SN/T 3185-2012、GB/T 37861-2019

注目の製品

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。 お早めにご連絡いたします。

    ページのトップへ