0086-731-88112150  sales@sandegroup.com

ホーム>元素分析装置>SDFCl3000フッ素および塩素分析装置

SDFCl3000フッ素および塩素分析装置

応用:

SDFCl3000フッ素および塩素分析装置は、石炭およびその他の可燃性物質のフッ素および塩素含有量を測定するために使用できます。

サンディ サンディ

製品記述

特徴

①サンプルの導入、分析、計算、校正を自動で完了できます。

②単一サンプル試験でフッ素・塩素試験結果が得られます。

③コンデンサーを構成し、給水不要。

④液の採取・サンプリング方法が洗練されており、デッドボリュームが試験結果に影響を与えないようにしています。

⑤結露・温度制御技術により、集液時の温度均一性を確保し、温度差による試験結果への影響を低減します。

 

仕様:

製品説明 SDFCl3000
試験範囲 フッ素:50ppm〜20%
塩素:80ppm〜40%
試験時間 電極パラメータのキャリブレーション、サンプルの分解と収集、滴定とクリアリングを含みます。
電極の校正  サンプルの最初のバッチのパラメーターを分解するときにキャリブレーションに使用でき、合計分析時間に対して計算されません。 毎日校正する必要はありません。校正は長時間のテストの後に進められます。 電極を長期間使用しない場合は、校正も必要です。
分解 約30分
滴定 フッ素は約5分;塩素は約5分
サンプル重量 0.5g
温度制御精度 1100±5℃
マックスパワー 4kW
不確実性 標準サンプルの不確実な領域内
スタンダード フッ素:ISO 11724、ASTM D5987、GB / T 4633、AS 1038.10.4
塩素:ISO 587、ASTM D6721、GB / T 3558、SN / T 3596

注目の製品

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。 お早めにご連絡いたします。

    ページのトップへ