0086-731-88112150  sales@sandegroup.com

ホーム>元素分析装置>SDIS450赤外線硫黄分析装置

SDIS450赤外線硫黄分析装置

応用:

SDIS450は、発電所、炭鉱、石油化学、製紙・鉄鋼工場などの分野で、石炭、コークス、灰、バイオマス燃料、その他の可燃物の硫黄含有量を測定するために使用できます。

50サンプルをXNUMX回ロードしました。
サンディ サンディ

製品記述

ハイライト:

高い自動化、高いテスト効率.
①分析時間/サンプルは<2分です。 サンプルはテストの過程に置くことができます。
②50オートローダー設計、高度な自動化、プロセス全体に参加する必要はありません。 手動サンプル紹介もご利用いただけます。
③燃焼ガスカーテンの特許技術により、サンプルの完全燃焼とガスの排出を効果的に防止します。 安全で環境にやさしい。
④フィルターウールは自動交換が可能で、燃焼管や炉に損傷を与えることはありません。
⑤ガス漏れチェックが簡単・便利で、操作者はソフトウェアをクリックするだけです。 
安定した性能を備えたヒューマニゼーションデザイン。
①テーラードボート型るつぼをランダムに配置できます。
②ロケーターカードによるるつぼの自動識別。事前にコーディングする必要はありません。
高精度.
①二次燃焼機能を備えた特別に設計された高温燃焼管は、サンプルが完全に燃焼することを確認します。
②自社開発の超低ドリフト赤外線セルにより、XNUMX日XNUMX回のドリフトで正確な試験が可能です。
インテリジェント制御.
①Windowsベースのソフトウェアを使いやすい:サンプルを計量して配置した後、マウスをクリックするだけです。
②データの取り扱いが簡単で、内部ネットワークでリアルタイムのデータを送信できます。
③イーサネットバス通信技術により、XNUMX台のPCで複数のアナライザーを制御します。
④RS232インターフェースでネットワークとバランスをとることができます。

仕様:

製品説明 SDIS450
試験方法 赤外線吸収
硫黄測定範囲 0.01%– 50%(100%まで拡張可能)
スタンダード ISO 29541、ISO 609、ISO 19579 ASTM D1552、ASTM D3177、ASTM D4239、ASTM D5016、ASTM D5373、GB / T 25214、GB / T 28732、AS 1038.6.3.3、BS 1016
硫黄の分離 0.001%
分析時間/サンプル <2分
予熱時間 ≤150分
最大サンプルの量 50
サンプル重量 80〜500mg(100mg推奨)
炉の温度 1250℃〜1350℃
加熱要素 シリコンカーバイド
温度制御精度 ±1℃
温度センサー 熱電対
電源要件 AC 220V(-15%〜10%)50 / 60Hz
マックス。 パワー 4.5kW
ガス要件 99.5%純度の酸素≥1MPa
ガス圧力 酸素(0.28±0.01)MPa総風量≥1MPa
サンプルの紹介と破棄 自動的に
ガス流量チェック ローター流量計は目視によるガス流量を採用
化学試薬 デハイドライト
湿度 ≤ 85%
周囲温度 (15〜30)℃
業務管理 外部PC上のWindows®ベースのソフトウェア
運用コスト インテリジェントガス供給システムにより酸素消費量を削減デシカント:コストの高いデハイドライト
寸法 890 * 670 * 650mm
重量 135kg
事前計算 あり
分析レポート あり
統計レポート あり
システムモニタ あり

注目の製品

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。 お早めにご連絡いたします。

    ページのトップへ