SDTGA6000A熱重量分析装置(近接分析装置)

サンディ サンディ

製品記述

ハイライト:

①19個のサンプルを1回ロードできます+XNUMXつのブランクサンプル位置で、水分、灰分、揮発性物質を分析できます。

②独自のサンプル計量モード、シングルサンプル計量、バッチサンプル計量の両方が可能で、操作が便利です。

③自動温度校正機能があります。

④柔軟なソフトウェア設計、試験手順、分析時間、温度などをカスタマイズできます。

⑤LEDが炉に表示され、リアルタイムのバランス重量データを表示し、サンプルの計量をより便利にします。

⑤シングルおよびデュアルファーネス構成が利用可能です。

 

仕様:

製品説明 SDTGA6000A
テストインデックス 水分、灰分、揮発性物質、LOI
バッチでの連続テスト あり
スタンダード ISO 17246、ISO 18123/18122/18134、ISO 11722、ISO 1171、ISO 562、ASTM D3173 / D3174 / D3175 / D7582、GB / T 30732、GB / T 212
精度 0.02%RSD
炉温 常温〜1000℃
温度制御精度 ±2℃
温度分解能 0.1℃
再現性 灰分:0.30%(<15.00%); 0.50%(15.00〜30.00%); 0.70%(> 30.00%)揮発性物質:0.50%(<20.00%); 1.00%(20.00〜40.00%); 1.50%(> 40.00%)
テストのバッチに必要な冷却時間 いいえ
炉冷却(強制空気/ N2) 950〜500°C <30分
バランスの解決 0.0001g
サンプルの紹介と撮影 自動的に
最大サンプル 19サンプル+1ブランクサンプル位置
サンプル量/テスト時間: 19サンプルの完全なインデックス<120分(クイックメソッド)
サンプル重量 0.5〜5g
マックス。 パワー 4kW
インタフェース: RS232
炉の暖房 抵抗傷
温度校正 標準の熱電対
温度制御精度 ±2℃(水分)±5℃(灰分、揮発性物質)
ガス流量 GB:水分:窒素、30〜60回/時灰分:空気60〜120回/時ASTM:水分:窒素または空気2〜4(炉容積/分)揮発性物質:窒素2〜4(炉容積/分)
電力要件 AC 220 V(±10%)、50 / 60Hz
ガス要件 窒素/酸素/圧縮空気
ガス圧力 空気5〜6 bar(75〜90 psi)
最小ガス純度 空気/窒素/酸素99.5%; ドライ、オイルフリー
サンプル計量 通常の温度の下で。
試験温度 水分105℃、灰815℃、揮発性物質920℃〜950℃カスタマイズ可能
湿度 <80%
寸法 550 * 590 * 530mm
重量 70kg
業務管理 外部PC / Windows7 / WindowsXP上のWindows®ベースのソフトウェア
事前計算 あり
分析レポート あり
統計レポート あり
システムモニタ あり

注目の製品

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。 お早めにご連絡いたします。